【ディシディアNT】クラウド立ち回り攻略

【ディシディアNT】クラウド立ち回り攻略

クラウド

キャラクター紹介

名前

 クラウド・ストライフ

Type

 Heavy

登場作品

 ファイナルファンタジー7

初心者オススメ度

 ★★★★☆

基本的に優秀なブレイブ攻撃が揃っている点、ステップ狩りというテクニックを学べる点、読み合いを学べる点が良いキャラクター。コア割りも早く、牽制技も持っているので、初心者にオススメできるキャラクターである。

クラウドとは

 世界を牛耳る神羅カンパニーに反抗するアバランチに、傭兵として雇われ、星の未来を左右する戦いに巻き込まれていく。

※稀代の女装家。数々の男の性癖を歪ませることが生きがいの魔性の男。その証拠にゲーム内の「ゴールドソーサー」でのデートイベントでは、”熊五郎”バレットとデートをするのである(経験談)。




特徴&主力技説明

特徴

 ほぼ全ての技を「ためる」「ためるキャンセル」が可能で、読み合いを強制させることが可能であり、全キャラ中で最速のコア割りが可能なキャラクター。

固有システム

 ためる/ためキャンセル:「スピンドライブ」と「超究武神覇斬」以外の全ての技をボタン長押しでタメ攻撃に変化できる。ためている最中はステップでキャンセルが可能。通常時、最大タメはキャンセルできないが、リミットブレイク中は最大タメ後に1秒続けてためることができるためキャンセルできる。

主力技

空中Nブレイブ/スラッシュブロウ主力技発生、リーチ共に優秀で、ためることによる性能の強化や、ステップ狩りも容易に行うことができる二段止めすることで味方のサーチ技と連携できる。ただ、出し切りは硬直が長く敵のサーチ技が確定してしまうので注意。

空中↑ブレイブ/ブレイバー:落下しながら攻撃しつつ、着地時に爆発する。奇襲に向いているが、外した時の隙が大きいので乱発してはいけない。コア割りの起点

ダッシュブレイブ/スピンドライブ:以前はこの技を振ってれば勝てるとも噂された攻撃だが、現在はキープ値が削除されたので、どうしてもカットが間に合わない時に使う技

空中↓ブレイブ/画竜点睛対面のパーティ内にシューターがいない場合に使える牽制技魔法判定が中なので、対面にシューターがいる場合は、この技で牽制するよりも味方のラインを上げた方が貢献できる

固有スキル

リミットブレイク:20秒の間、防御力が1.2倍になり、全ての攻撃のため時間が短縮され、最大ためになった状態でも1秒間ためることができるようになる。リミブレ発動時はキープ値が発生/持続するためカットされにくい。また、「超究武神覇斬」は性能が変わり、踏み込み距離の延長、攻撃回数増加、二段目~最終段まで無敵が付与される。




立ち回り紹介

主力HP技

 凶斬り

基本

ため攻撃が固有システムであると言っても、ため中は無防備な状態をさらすことになるので、ための使い所を考える必要がある。闇討ちやカットをメインに考えて動くと安定感が増す。近距離よりも、相手の近接攻撃が届かない中距離で様子を見つつ立ち回り、隙あらばスラッシュブロウ(空中Nブレイブ)を叩き込んだり、二段止めをして味方と連携しよう。

序盤

 敵にシューターがいなければ画竜点睛(空中↓ブレイブ)で牽制しつつ、少しづつラインを上げながらプレッシャーをかける程度に前に出てコア出現を待つ。ブレイバー(空中↑ブレイブ)→破晄撃(地上↓ブレイブ)でコアを割れるので、最初のコアを割ることを意識して立ち回ろう。

コア割り

 ブレイバー(空中↑ブレイブ)→破晄撃(地上↓ブレイブ)でコアを全て割り切ることができる。

キャラクターカテゴリの最新記事