【ディシディアNT】皇帝の立ち回り攻略

【ディシディアNT】皇帝の立ち回り攻略

皇帝

 

キャラクター紹介

名前

 皇帝

Type

 Shoot

登場作品

 ファイナルファンタジー2

初心者オススメ度

 ★★★★☆

自分から当てにいける攻撃は少ないものの、牽制、設置、自衛と多彩な技を持っているため、ゲームに慣れるという点で初心者にもオススメできるキャラクターである。攻撃時の隙が大きいので、こまめにダッシュキャンセルステップキャンセルをする必要がある。

皇帝とは

『ファイナルファンタジー2』のラスボス。軍事国家パラメキア帝国の皇帝であり、魔物と手を結び世界征服を企んでいた。

※ひでぶ!、ぬわーっっ!!、アバー、全ての断末魔の生みの親。断末魔を愛し、断末魔に愛された男。ウボァー




特徴&主力技説明

特徴

 全体的に発生が遅いが、牽制・設置・自衛という技が揃っているキャラクター。固有スキル:いんせき敵を長時間拘束することが可能。自分から技を当てに行くのは難しい。

固有システム

 なし

主力技

地上Nブレイブ/ブルーソウル魔法非干渉なので消されることがなく、強誘導長時間追尾する。フィールド上に一発分しか残らない。常に牽制に出しておくと良い

空中Nブレイブ/レッドソウル魔法強判定長時間追尾かつ二発までフィールドに残るので、こちらも常に牽制に出しておきたい

ダッシュブレイブ/機雷自衛の頼みの綱。多段ヒットすれば大きなダメージになるが、基本は単発ヒット。

空中↓ブレイブ/雷の紋章発生がHP技かと思うくらい遅いが、設置技として余裕があれば置いておく。フィールド内に一発だけ残る。

空中↑ブレイブ/スティックボム近めの距離でのカットに使える攻撃。誘導は全くないが、弾速が早いので動きのすくない攻撃であればカット可能

固有スキル

いんせき長時間拘束をしつつ最終段で行動不能のデバフをかける召喚獣の打ち上げに確定するので、そのタイミングを狙っていきたい。発生が遅いため、召喚獣のタイミング以外では当てることが難しい




立ち回り紹介

主力HP技

 リペンテンスの棘

基本

 牽制・設置ブレイブ攻撃をいかに撒けるかが重要。カット手段がスティックボムしかないため、味方と離れすぎずに戦うこと自衛には機雷を使いつつ、味方の援護を待とう。混戦の場合は「いんせき」を当てにいくのもアリ。

序盤

 ブルーソウル/レッドソウルを撒きつつ、雷の紋章の設置を意識しよう。当てにいける攻撃がないため、味方に負担を強いる形になるので、常に味方の位置に意識を向けること。

コア割り

 スティックボム(空中↑ブレイブ)3回で割ることができる。近接の敵が迫っている場合は機雷を設置しつつスティックボムで割ろう。

 

キャラクターカテゴリの最新記事